投稿

NHK 「瀬戸内×アート 瀬戸芸とわたし~のんがめぐる 早春アート旅」に出演します

NHK総合テレビ(四国・岡山)の【 瀬戸内×アート 瀬戸芸とわたし~のんがめぐる 早春アート旅 】にフリオ ゴヤが出演します。 放送は3月25日(金) 19時30分から。 放送終了後~ 4月8日(金)はNHKプラスでも視聴可能です。

サンデー毎日 2022年3月27日特大号に紹介されました

サンデー毎日2022年3月27日特大号 (毎日新聞出版)の【〔ON・and・OFF〕高松と小豆島&男木島 瀬戸内の風に誘われて「アート」を感じる春旅へ】で、瀬戸内国際芸術祭2022にフリオ ゴヤが出展する作品「舟物語」が紹介されています。どうぞご高覧ください。

マズルカ III (Mazurka III), 2021, Julio Goya

イメージ
小豆島の岩の海岸を散策中、大きく平らな断面で2枚に割れている石があることに気づいたフリオ ゴヤは、石を持ち帰り、のみを打ち入れて割れを再現する試みを重ねます。「サンドイッチのパンのような1対に割って、何か挟んだら面白いかなと思ったんです」。 石を彫ることはしても、割って使うことは思いつかない。他の彫刻家はフリオ ゴヤの自由な発想にそう驚嘆しました。これまでの鉄の作品にはない新たな作風が見られたフリオ ゴヤの個展「シマからシマへ」。その原点とも言えるのがこの作品です。 While strolling along a rocky shore of Shodoshima island, Julio Goya found a stone that had been split into two pieces with a large flat cross section. "I thought it would be interesting to split a stone into a pair like sandwich bread and sandwich something."   Sculptors carve stone but won't think of splitting stone like he does, said a sculptor praising Goya's free thinking. Viewers of t he exhibition "From an island to an island" found that Goya has developed a new style not found in his previous iron works. You could say it started with this work.

押し込み (OSHIKOMI), 2021, Julio Goya

イメージ
    手漕ぎの舟の男たちが運ぶのは重さ約1トンの太鼓台。やがて舟が着岸すると、待ち受けていた男たちが威勢よく太鼓台を陸へ下ろす。指揮をとる男。下ろされた太鼓台は桟敷まで一気に担ぎ「押し込」まれる。沸く観衆たち。 小豆島の祭り「押し込み」の光景で、2019年には招かれてフリオ ゴヤも実際に太鼓台を担ぎました。 島を離れた人もこの日には戻ってくる という伝統行事がコロナ禍で 2年連続中止されたことを受け、「押し込み」を守ってきた地元の人々への敬意を込めて、 舟の出発地である神浦 に レリーフを制作しました。   素材: 鉄, メッキ   The men in the rowing boat carry a drum of about 1 ton. When the boat reaches the shore, the waiting men pull down the drum to the land. A commanding man. The drum is then carried up and "pushed" into the place where crowd waits. Excited spectators. The relief shows scenes of Shodoshima island's traditional festival OSHIKOMI or "Pushing", which Julio Goya was invited to “push” the drum with locals in 2019. Even people who left the island return for this day but the event was canceled for two consecutive years due to Covid 19 .  In honor of the locals who have kept OSHIKOMI, Julio Goya created the relief in Konoura, the departing point of the boat.   Material: Galvanized steel

フリオ ゴヤ作品展のご案内

イメージ
12/11(土)から19(日)まで ギャラリーアトス (那覇)でフリオ ゴヤ作品展を開催します。今回のテーマは「シマからシマへ」。沖縄島と小豆島、両島からの素材を組み合わせて作品を構成しました。 An exhibition of Julio Goya, "From an island to an island", will be held at Gallery ATOS (Naha, Okinawa) from 11th to 19th December. Works Goya created by combining material from his two bases, Okinawa island and Shodoshima island, will be exhibited.

自然の目「大地から」(Eyes of Nature "From the Earth"), 2019, Julio Goya

イメージ
流木の階段を上ると、そこは木の中。フリオ ゴヤが 2019年の瀬戸内国際芸術祭 に出展した「自然の目『大地から』」は船をイメージしたツリーハウス。デッキを進むと目の前に、地面からは見えなかった瀬戸内の海が広がります。 素材: カイヅカイブキ、流木 When you go up the stairs of driftwood, you'll find yourself in a tree. Eyes of Nature "From the Earth" (Setouchi Triennale 2019) is a tree house Julio Goya created imagining a ship. As you proceed through the deck of the ship, the Seto Inland Sea, which you could not see from the ground, spreads out in front of you.  Material: Trees (Juniperus chinensis), Driftwood

自然の目「大地から」(Eyes of Nature "From the Earth"), 2021, Julio Goya

イメージ
フリオ ゴヤが2019年の瀬戸内国際芸術祭に出展した「自然の目『大地から』」は、海沿いの古民家の庭に育つカイヅカイブキの大木を使って制作したツリーハウス。船をイメージしたこの作品の”舳先(船首)”に、2021年、新たに女神が加わりました。  素材: 鉄、メッキ、塗料、カイヅカイブキ、流木 Julio Goya's Eyes of Nature "From the Earth” (Setouchi Triennale 2019) is a tree house built on large trees (Juniperus chinensis) growing in the backyard of an old house by the sea. In 2021, a goddess was newly added to the "bow" of this work, which Goya created imagining a ship.  Material: Galvanized steel, Paint, Trees, Driftwood    

Sinfonia (シンフォニア, Symphonia), 1988, Julio Goya

イメージ
  H 390.0 × W 880.0 × D 325.0 cm 銅、鉄、亜鉛メッキ、塗料 美ヶ原高原美術館 ( 第二回ロダン大賞展で美ヶ原美術館大賞受賞) Copper, Galvanized steel, Paint Utsukushi-ga-hara Open-air Museum, Nagano (Awarded a grand prize by Utsukushi-ga-hara Open-air Museum at 2nd Rodin Grand Prize Exhibition)

サンゴ (Coral), 2001, Julio Goya

イメージ
  鉄, 塗料 沖縄県立博物館・美術館所蔵 Steel, Paint Collection of Okinawa Prefectural Museum and Art Museum